2011年12月24日土曜日

天皇陛下、お誕生日おめでとうございます\(^o^)/ やっぱ日本人は「K.U.F.U.」ですよね

日経11.12.23朝 天皇陛下78歳に 「災害に明け暮れ、心の重い年」
天皇陛下は23日、78歳の誕生日を迎えられた。・・・体調を考慮し恒例の誕生日前記者会見は開かず、1年の感想を文書で公表・・・「振り返ると、今年は災害に明け暮れた心の重い年でした」・・・「時の経過と共に、次第にその記憶や認識が薄れてきてしまっていたように思います」・・・「災害時における人々の悲しみを記憶から消すことなく、常に工夫と訓練を重ね、将来起こるべきことに備えていかなければならないと思います」・・・「国事行為も再開することができるようになり、体調も今では発病前の状態と変わらないように感じています」・・・戦争の記憶が薄れようとしている今日・・・

天皇陛下、お誕生日おめでとうございます\(^o^)/

今年は日本にとって特に大変な年だった。陛下も体調を崩されたほどだ。しかし、今年ほど陛下の存在を大きく感じる年はなかった。どうか末永く、お元気でいてくださりますように。

陛下のお言葉には、「記憶が消える」とか「記憶が薄れる」といった言葉が何回か出てきている。恐らく、被災地を想ってのことだと思う。

なぜなら、陛下は震災直後に「国民一人びとりが被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興への道のりを見守り続けていくことを心より願っています」とおっしゃられたからだ。

琴線探査: これぞ日本。自分も微力ながら被災地に復興のその日まで心を寄せたいと思います。 | 苦難の日々分かち合う 天皇陛下、ビデオでお言葉 - 日経

陛下。多くの国民は、少なくとも自分は忘れてはおりません。きっと大丈夫だと思います。


宮内庁にお言葉の全文がある。

天皇陛下お誕生日に際し(平成23年) - 宮内庁

ご自分の事などほんの少し。ただ国民が心配しているから、とメンションする程度。国と国民を想い、さらには世界の各国をも想うという、世界平和の象徴とも言えるようなお言葉だなぁと思った。

しかし、陛下のご動静の長いこと長いこと。ハンパなく忙しい、ていうか忙しすぎるだろ。年齢や体調のこともあるし、何とかしないとね。


今回の陛下のお言葉で特に好きなのは「常に工夫と訓練を重ね」というところ。

RHYMESTERも言ってた「常に研究 常に練習 知恵を結集し君をレスキュー」。

やっぱ日本人は「K.U.F.U.」ですよね。





しかし、バックステージでも相当アガってますな(^^); さすがK.O.F.つまりKing Of Stage!