2011年8月27日土曜日

この発電法スゴし。歩きながらケータイ充電できるといいよね。しかし・・・ | 液体金属により最大20Wを発電できる電気靴–これまでの圧電素子を大きく凌駕 - Tech Crunch Japan

液体金属により最大20Wを発電できる電気靴–これまでの圧電素子を大きく凌駕 - Tech Crunch Japan

・・・ウィスコンシン大学マディソン校の研究者たちが、人間の歩行から最大で20Wを取り出せるシステムを開発中・・・歩くだけでiPadを充電できたり、低電力消費のコンピュータを使ったりできる・・・その研究をすでに商業化して、Instep Nanopowerという名前で売りに出している・・・特殊な基質中に小さな金属の微液滴から成る液体を導入する。足がそれを押すと、微液滴は基質中を移動し、逆電気湿潤方式(reverse electrowetting)と呼ばれる仕組みにより、電気を生成する・・・たよりない電源のために100グラム以上も重くなるのは、やだね。

この発電方式はなかなかスゴそうだ。歩くだけで20Wも取り出せるなんて、かなり高効率じゃないか?原理はよくわからんけど、液体金属を使うらしい。

記事中でDevinも指摘しているように、靴に採用するのは、やだね。

もっと貧乏ゆすりとか、ロッキングチェアとか、本当に無駄にエネルギーを使っているところに採用して欲しい。

改札機やデパートの入り口の下なんてのは最適じゃなかろか。靴に付けるのじゃなく、床に付けるのだ。