2011年5月30日月曜日

KARA「ジェットコースターラブ」の「ベース」が気になる理由だとわかった

ちょっと前まで毎朝FM横浜でヘビーローテーションしていたKARAの「ジェットコースターラブ」というこの曲。





別にKARAのファンというわけではないのだけど、どうもこの曲が気になってYouTubeでチェックしてみた。

よくよく聞いてみると、その「気になった理由」がわかった。「ベース」だ。このベースラインがツボだったのだ。このベースは秀逸だ。キレと、滑らかさと、力強さと、それでいて主役である彼女たちを邪魔することもない。そうそうこんなベースを聞くことはない。ムチャウマだ。

そこで、誰がこのベースを弾いているのかとちょっと調べてみたけど、わからなかった。ただ、さかいゆうさんの「SHIBUYA NIGHT」のこのかっけ〜ベースに似ているなぁと。





ということは、鈴木渉さんか?と思ったのだけど、どうも違うらしい。

PROFILE - 鈴木渉公式サイト -WATARUCIOUS-

いや、ここに書いてないだけでひょっとしたら?とも思うけど、誰なんだろうなぁ。謎。

サイト見てて知ったのだけど、鈴木渉さんは最近、上の「SHIBUYA NIGHT」にも参加していてRHYMESTERでもお馴染みの「セクシー」こと竹内朋康さんとバンドを組んだらしい。

【NEWS】 WATARUCIOUS >> Fiasco3 Debut Album リリース&リリパ

しかし、どこで売ってんのかと。少なくともAmazonやiTunesにはなさそう。ちと聞いてみたいな。

ところで、「ジェットコースターラブ」の振り付けかわいいね。あとメイクに特徴がある。日本風でもアメリカ風でもない。「韓流メイク」とでもいうのだろうか。何となく彼女たちが人気なのがわかったような気がしたよ。

追記:上の2曲を聞いていて、さらに思い出した。このベースは往年のSEGAのアーケードゲーム「Quartet」の「OKI-RAP」に共通点があるように思う。ということは、やはりファンク?