2011年5月27日金曜日

東京の東の方は放射線量が高くなっているかもしれないという共産党のデータ。用心するべきだろう。 | 在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視 - Blog vs. Media 時評 - BLOGOS(ブロゴス)

在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視 - Blog vs. Media 時評 - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース

・・・共産党の貴重な提言「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」・・・一般人の年間被ばく限度線量1mSvを、東京23区の東半分では超える恐れがあるとの指摘で・・・放射線量分布マップは必見・・・都健康安全研究センター・・・地上約18メートル地点にあるモニタリングポストで24時間放射線量を測定・・・共産党がしている地上1メートルでの測定がスタンダードです。地上18メートルなんて、故意に低く見せるための露骨な操作・・・


いやぁ。「しんぶん赤旗」の情報収集能力には恐れ入ることがたまにある。こういうのが出てくるたびに共産党はまさに「確かな野党」だなぁと思う。

都は地上18メートルで計測しているけれど、共産党は地上1メートルで計測したそうだ。つまり、より現実に近い値ということだろう。

昨日あたりからTwitterのタイムラインでも東京の東の方は放射線量がヤバイことになっているという情報があって「嘘だァ」と思っていたけれど、本当なのかもしれない。

日経で毎朝、各地の最大放射線量の表が出ているのだけれど、それを見ていると東京や神奈川はずっと平常なわけで。

琴線探査: なんと!神奈川の農産物まで出荷自粛?おかしい。「最大放射線量」は正常値のはずだ。 | 南足柄産の茶葉から基準値超す放射性セシウム/神奈川 (カナロコ) - Yahoo!ニュース

日経の表では、東京のデータはいつも新宿のデータで、大体「0.0〜」なんだけど、共産党のデータだと「0.1〜」という値もある。

共産党のデータでも新宿といっても場所によってバラつきがあるようだし、日経のデータは都のように地上18mといった現実とは遠い条件で測っているのかもしれないと思われ。もっと細かく、現実に即した測定をするべきなのかもれしれない。

本当のところ、どうなんだ?とにかく、用心するべきなのだろう。