2010年8月21日土曜日

部屋に居ながらにして常に風景が変わる家?何だコレは。カッケ〜! | 家を回転させると消費量の5倍の太陽エネルギーが得られる–ドイツの実例 - Tech Crunch Japan

家を回転させると消費量の5倍の太陽エネルギーが得られる–ドイツの実例 - Tech Crunch Japan
・・・回転する家・・・そんな家にソーラーパネルを取り付けると、その家が消費する量の5倍のエネルギーが得られるそうだ。・・・ヘリオトロープ(Heliotrope)と呼ばれるこの家は、太陽を追いかけて回転する。外壁はすべて三重構造の断熱ガラスで、光の取り入れと冷暖房の効率を両立・・・Sun Sailは家とは別に回転・・・排水は浄化して再利用し、雨水は屋上の水槽・・・トイレは人間の排泄物をコンポストに・・・



何だコレは?カッケ〜!

家は太陽を追いかけて回るので最適な採光となり照明をできるだけ使わなくて済むだろう。ソーラーパネルが独立して回ることでさらに発電効率も良くなりそうだ。

回転軸を中心にらせん階段が家全体を貫いている。効率的な空間設計だと思う。住みやすそうだ。

エコ性能が高いのはもちろんだけれど、何よりいいなぁと思うのは、この家が森の中にあって、家全体が回るので同じ部屋にいても常に風景が変わることだ。どんな気分だろう。とにかく素敵じゃないか。

ドイツでは建築もエコの時代なのだろうか。家を建てるなら、是非こういう家を建ててみたいものだ。