2010年7月30日金曜日

「削除か広告挿入か?」と選べるところがGoogleらしい | YouTube、最大アップロード時間を15分に延長 - Tech Crunch Japan

YouTube、最大アップロード時間を15分に延長 - Tech Crunch Japan

・・・YouTubeが10分制限を課してきた大きな理由は海賊版対策・・・Content IDはYouTubeの自動化された著作権侵害警告システムで、疑わしいビデオが投稿されるとただちに警告が発せられる。・・・通告を受けた著作権者は、削除を要求するか、あるいは場合によっては自分たちで広告を挿入するか選択することができる。・・・

一気に1.5倍の時間制限になった。こうなるとビデオの種類や質も相当変わってくると思う。

Centent IDシステムが具体的にどう動くのかよくわからないけれど、このシステムで権利者が権利を守れるようになることは、権利者だけでなく、今後のYouTubeやユーザーにとっても良いことだと思う。

そして「削除か広告挿入か?」と選べるところがYouTubeというかGoogleらしい。

「広告を挿入した方が権利者にとって有利に働くかもしれないし、YouTubeもユーザーもそうしてもらえると助かります。ただ、選択は権利者に委ねます。」ということだろう。