2009年12月24日木曜日

位置対応アプリで後発組のWhrrl, 「位置履歴が作るソーシャル」で差別化をねらう - Tech Crunch Japan

位置対応アプリで後発組のWhrrl, 「位置履歴が作るソーシャル」で差別化をねらう - Tech Crunch Japan

・・・位置対応アプリケーション・・・この世界はLoopt、Foursquare、Gowallaなどのライバルたちが数歩先を歩いている・・・フットストリーミングのデータには、地元店などの広告がよくフィットするだろう。Holdenはそれを、”pay-per-visit”(実際にお客が来たらなんぼ)の広告と呼んでいる・・・

アメリカでは、位置情報を利用したアプリケーションが思った以上に相当数立ち上がっていそうだ。

ネット広告は表示課金、クリック課金と来て、次は「pay-per-visit」、つまり訪問課金?へと進むのだろうか。もしそうなら、どんどん条件が厳しくなるということだ。