2009年12月24日木曜日

Googleの「オープン・ソース万歳」はけっこうだが、いいとこ取りなのは否めない - Tech Crunch Japan

Googleの「オープン・ソース万歳」はけっこうだが、いいとこ取りなのは否めない - Tech Crunch Japan

・・・Googleがオープンなのは自社にとって都合がよいときだけだ。Googleが検索アルゴリズムや広告システムのソースコードやデータを公開することなどあるまい。・・・Rosenbergも自分が言っていることとGoogleがやっていることの間に食い違いがあることは気づいている・・・必ずしもGoogleの製品すべてがオープンソースになるわけではない・・・Googleの本音が「すべてはオープン化すべきだ―ただし検索と広告を除いて」であることは覚えておいたほうがよい。

最近は自分に危機感を覚えるほどGoogle万歳状態なので、筆者の指摘はよい薬だ。

メールアドレスも連絡先もブックマークも予定表も・・・Googleに集まる情報は、もはや単なるWEBページだけではない。自滅することになるので有り得ないことだが、もしGoogleが悪事を考えている企業ならば・・・この状況は非常に危険なことなのだ。

時には全てをGoogleに預けて良いかを考えなければ。しかし、便利だから、やはりなぁ・・・(^^);