2009年12月26日土曜日

ドラッグ&ドロップ時のドラッグイメージの表示がAIRでおかしくてもFlexではまともである場合がある!

リスト系コンポーネントなどでアイテムをドラッグ&ドロップする時のドラッグイメージの表示がAIRでおかしくてもFlexではまともである場合があることがわかった。

Flexでは見たままのアイテム表示でドラッグできるのだが、AIRでは見たままではない状況だった。

そこでドキュメントを調べてみると・・・

・・・ドラッグイメージ・・・Flash Player ドラッグプロキシのドラッグイメージは、アニメーション SWF ファイル、イメージ、Flex コンポーネントなど、DisplayObject クラスのインスタンスとして使用することができます。・・・AIR・・・デフォルトでは、ドラッグイメージはドラッグ対象のオブジェクトから作成されたビットマップです。ユーザーがドラッグする際、動的に変更されません。・・・

ドラッグ&ドロップの動作は、FlexとAIRではかなり違う部分があるようだ。